logo

米クレジットカード大手4社、決済時のサインが不要に

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年04月16日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の大手決済プロバイダー4社(MastercardVisa、American Express、Discover)は、クレジットカード取引の際に業者に署名の取得を求める要件を廃止する計画を2017年に発表していた。MastercardとAmerican Express、Discoverは米国時間4月13日、Visaは14日より、その新しいポリシーの実施を開始した。

 ただし、この変更は任意であり、署名を廃止するかどうかを決める新しい権限は、顧客ではなく業者に与えられる。

 多くの小売業者は今後も顧客に署名を求め続けたいと考える可能性が高い。従業員の給与の一部をチップが占める小売業者や、高額商品を販売する小売業者の場合は特にそうだ。


「Google Pay」などの新たな決済システムの登場が、署名の習慣を消し去ることになるかもしれない。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集