logo

NEC、働き方改革や教育現場のICT化推進に向けたタブレットやモバイルノートPCを強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)は4月5日、働き方改革を支援するテレワークの利便性向上や教育現場へのPC端末導入促進に配慮した新商品4タイプ8モデルの発売を開始し、ビジネス・教育向けモバイルPCのラインアップを強化したと発表した。

「VersaPro タイプVS」
「VersaPro タイプVS」

 タブレットPC「VersaPro タイプVS」は、12.5型フルHD液晶の搭載や防塵防滴規格(IP42)へ準拠した薄さ11mm以下、軽さ約900gの新筐体を採用。また、液晶を保護する本体カバーも兼ねる着脱式キーボードや複数の周辺機器と接続したい場合に便利な拡張クレードルも新たに開発された。

液晶を保護する本体カバーも兼ねる着脱式キーボード
液晶を保護する本体カバーも兼ねる着脱式キーボード

 キーボードは、モバイル利用も考慮し、本体とあわせて約1.3Kg未満と軽量で、拡張クレードルとも同時接続が可能。

 本体には、2018年春にリリース予定のWindows 10 Pro新バージョンのインストールや、本体のみで自立可能なキックスタンドの装備、文字の手書き入力ができるデジタイザーペンを標準添付した。

文字の手書き入力ができるデジタイザーペンを標準添付
文字の手書き入力ができるデジタイザーペンを標準添付

 また、デジタイザーペンは本体に収納でき、約15秒の充電で約90分利用できる。さらに、外出時のインターネット利用に便利なLTE対応ワイヤレスWAN内蔵や、拡張クレードルにはPC教室など一斉起動が必要な場面で有効な「Wake on LAN」機能対応の有線LANコネクタを装備するなど、屋外での点検作業や学校の課外授業、オフィスワークやPC教室など、利用シーンに合わせた対応ができるよう配慮しているという。

 本体サイズは、316mm×205mm×11mmを予定している。出荷開始予定は6月15日(受注開始は5月22日)。希望小売価格は16万7500円(税別)〜。

 モバイルPC「VersaPro UltraLite タイプVB」は、筐体底面などに軽量マグネシウム合金を使用するなど、薄さ約17.8mm、軽さ約1.23kgのコンパクトかつ、耐150kgfクラスの頑強設計が特徴。

「VersaPro UltraLite タイプVB」
「VersaPro UltraLite タイプVB」

 テレワークなどのモバイル利用を考慮し、最大約16.8時間のバッテリ駆動に加え、1時間(電源オフ時)で約80%の充電が可能な急速充電にも対応している。

LAN変換アダプタも
LAN変換アダプタも

 さらに、データアクセスの高速性や耐振動性に優れたSSDを標準搭載し、スマートデバイスの充電や高速データ転送、音声や映像出力も可能なUSB3.1(Type-C、Thunderbolt 3)対応ポートやHDMIポートの装備に加え、4コアのアーキテクチャにより従来に比べ高速処理が可能な第8世代インテル Core i5プロセッサーや、第7世代インテル Core i3プロセッサー、LTE対応ワイヤレスWANが選択可能。

薄さ約17.8mm、軽さ約1.23kg
薄さ約17.8mm、軽さ約1.23kg

 また、セキュリティや保守・管理機能を強化するインテル vProテクノロジーにも対応しており、内蔵指紋センサや顔認証PCセキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor V3」を併せて選択することで、より強固なセキュリティ環境が構築できるという。

 出荷開始予定は4月10日(受注開始は4月5日)。LTE対象モデルは5月17日。希望小売価格は23万9500円(税別)〜。

 その他モバイルPCの強化ポイントとして、モバイルワークでもより高性能を求めるニーズに対応し、2in1モバイルPC「VersaPro UltraLite タイプVG」(第7世代Coreプロセッサー搭載)や、タブレットPC「VersaPro タイプVT」(Celeron N3450搭載)にも、各ラインアップに上位CPU搭載モデルを追加した。

 VersaPro UltraLite タイプVGの出荷開始予定は6月15日(受注開始は5月22日)。希望小売価格は32万7000円(税別)〜。

「VersaPro UltraLite タイプVG」
「VersaPro UltraLite タイプVG」

 VersaPro タイプVTの出荷開始予定は4月10日(受注開始は4月5日)。希望小売価格は11万4400円(税別)〜。

「VersaPro タイプVT」
「VersaPro タイプVT」

 今回の新商品を対象に、顔認証AIエンジン「NeoFace」を採用し、顔認証によるPCへのログオンおよび、常時認証が可能なPCセキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor V3」をセレクションメニューで選択可能とした。

 また、教育現場への導入に配慮し、通常に比べて1ライセンスあたり最大約20%割安(保守サービス5年間付100ライセンスの場合)で購入できるボリュームディスカウント版「NeoFace Monitor アカデミック版ライセンス」も商品化(出荷開始予定は4月10日)し、教育現場でのセキュリティ強化を支援するという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]