logo

Facebook、ソーシャルVR「Spaces」のアバターをよりリアルにアップデート

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年04月03日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FacebookのソーシャルVRネットワーク「Facebook Spaces」で使われているアバターシステムがアップデートされ、キャラクターの表現がさらに豊かになった。


提供:Facebook

 Facebookは米国時間4月2日の発表の中で、このアバターは仮想空間で「リアルにそこにいる」感覚を作り出すのに役立つだろうと、述べている。

 Facebookが公開した紹介動画には、2人の友人が仮想空間内の劇場に行って、シェークスピアのセリフを練習した後、剣を使って戦い始める様子が収められている。

 Facebookによれば、新しいアバターでは、頭部、ヘアスタイル、表情、体など、カスタマイズ可能なパーツが新たに追加されたという。また、アバターの動きが改善されてより自然になったほか、光と影のコントラストが改善され、よりリアリティが増したと述べている。新しいアバターは今週中にロールアウトが開始される。

 今回の変更は、Facebook Spacesのベータ版が2017年の年次開発者会議「F8」で初めて発表されてから1年近いタイミングで行われた。当初は、Facebook傘下のOculus製VRヘッドセット「Oculus Rift」のみに対応していたが、12月になって「HTC Vive」にも対応した

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]