logo

DeNA、業務時間内のKaggle参加を推奨へ--社内ランク制度を導入

佐藤和也 (編集部)2018年04月03日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は4月3日、AI研究開発部門におけるデータサイエンスト強化のための新制度「Kaggle社内ランク」を4月から導入すると発表した。

 この施策はAI分野の組織力強化ならびに、データサイエンス人材の積極的な採用、データサイエンス人材のキャリア形成支援を目的としたもの。制度はデータ分析コンペであるKaggleにおいて、一定の条件下で業務時間における参加を推進。Kaggle社内ランクに応じて、業務時間におけるKaggle参加許可割合を定めている。最上位「Rank SS」に達すると、社内の主担当業務でのアサインがなくなり、100%の工数をKaggleで利用することが可能としている。

「Kaggle社内ランク」制度
「Kaggle社内ランク」制度

 DeNAでは現在、AI技術部門であるのAIシステム部データサイエンスチームには日本で数十名程度が該当するKaggle Masterのうちの4名が在籍。このデータサイエンスチームの体制を、2018年度中に10名超の体制とするべく、積極的に人材の採用と育成を進めていく計画としている。また、日本で数名というKaggle Grandmasterのひとりである“smly”こと小嵜耕平氏について、4月1日付けでDeNAのデータサイエンス技術フェローに就任したことも、あわせて発表した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]