logo

LINE、シェアバイクのMobikeと資本業務提携--LINEアプリから自転車貸し出し

山川晶之 (編集部)2017年12月20日 12時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは12月20日、世界最大のシェアバイクサービス「Mobike」を展開するモバイク・ジャパンと、日本国内におけるシェアバイク事業展開に向け、資本業務提携を締結したと発表した。2018年上半期を目処に、LINEアプリ内からMobikeが利用可能になる予定。


(左から)LINE代表取締役社長の出澤剛氏、モバイク創業者のフー・ウェイウェイ氏

 Mobikeは、2016年4月に上海でローンチ。現在では、世界200都市でサービスを展開しており、登録ユーザー数は2億人以上。1日あたり最大で3000万回以上利用されているという。2017年6月にモバイク・ジャパンを設立し、8月には札幌市内にてサービスを開始している。


世界200都市でサービスをローンチ

これまでに自動車124万台分のCO2を削減できているという

 Mobikeで使用する自転車は、アルミフレームやパンクレスタイヤの採用、強度のあるスポークなどを使用し、4年間のメンテナンスフリーをうたっている。すべての自転車にGPSが内蔵され、車両の位置情報をリアルタイムに把握できる。専用アプリから、ユーザーの近くにある自転車を確認でき、そのまま予約・解錠が簡単にできる。ユーザーは目的地に到着後、使用した自転車をロックするだけで利用完了となる。


Mobikeで使用する自転車

 今回の提携により、LINEが持つ国内利用者数7100万人の顧客基盤が活用できるようになるほか、官公庁・自治体・企業などとのネットワークを生かしたインフラ整備、サポートなどを手がけることで、国内におけるMobikeのサービス拡大を目指す。

 LINE代表取締役社長の出澤剛氏によると、シェアリングサービスとLINEの相性はさまざまな観点から検討し、相性が良いと考えていたという。「シェアバイクが盛り上がっており、オリンピックに向けて整備される可能性もあるため、積極的に取り組んでいこうと考えた」とし、「ただし、単独での実施は難しく、最適なパートナーとしてモバイクに話を持ちかけた」としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]