logo

マルウェア含むQRコード読み取りAndroidアプリが発見される--50万回ダウンロードか

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年03月27日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバー犯罪者は、無害に見えるいくつかのアプリの内部にマルウェアを隠すことで、何十万人もの「Android」ユーザーにマルウェアを配布することに成功した。

 このマルウェアは、7種類のアプリ(6つのQRコードリーダーと1つの「スマートコンパス」)に偽装して「Google Play」ストアに潜り込んだ。そして、巧妙なコーディングと、最初の悪意ある活動の開始を遅らせることで、自らの本当の目的を隠し、セキュリティチェックを迂回した。

 インストール後、このマルウェアは6時間待機した後で、真の目的の実行に着手する。具体的には、アドウェアの提供、大量の全画面広告の表示、ウェブページ上での広告表示、広告関連リンクを含むさまざまな通知の送信を行う。

 SophosLabsの研究者らによって発見されたこのマルウェアは、「Andr/HiddnAd-AJ」と呼ばれている。7種類の悪意あるアプリの1つは、Googleによって削除される前に、50万回ダウンロードされたという。

Andr/HiddnAd-AJに感染したアプリ
提供:SophosLabs

 それらのアプリは用途が広いため、攻撃者は多数のユーザーにダウンロードさせることに成功した。悪意あるアプリは、最初に実行されると、攻撃の首謀者たちが管理するサーバ上の設定情報を要求する。

 ダウンロードされたアプリの邪悪な性質を隠すため、インストール後の最初の数時間、感染したデバイス上で悪意ある活動は一切行われない。

 しかし、その時間が過ぎると、アプリはサーバからダウンロードされた設定によってマルウェアがもたらされる。それには、URLやメッセージ、アイコン、リンクのリストが含まれる。それらは全て被害者に広告を開かせるためのものだ。

 Sophosはこれらの悪意あるアプリを発見した後、Googleに情報を提供した。Googleはそれらのアプリを既にPlayストアから削除済みだ。

 Googleが悪意のあるアプリを発見できないことがあるとしても、Sophosは、Androidユーザーが必ずPlayストアからアプリをダウンロードするよう推奨している。サードパーティーのAndroidアプリストアよりも安全なためだ。

 米ZDNetはGoogleにコメントを求めたが、回答は得られていない。最近公開したレポートで、同社は悪意のあるアプリの99%をインストールされる前に検出しており、Androidユーザーの大半はマルウェアに対して安全であると述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]