logo

排せつを感知しアプリに通知--アイキューラボ、「介護用おむつセンサー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイキューラボは3月26日、介護に役立つアイテム「介護用おむつセンサー」を3月30日から販売すると発表した。なお、同日よりオンラインサイトにて予約の受け付けを開始する。希望小売価格は4980円(税込)。


  介護用おむつセンサーは、装着者のおむつが濡れるとアプリが通知する製品。1台のスマートフォンで最大4台までのおむつセンサと同時接続が可能。

 濡れたおむつを長時間放置すると、かぶれたり、体温が低下したりといったトラブルの原因となる。同製品を利用することで、おむつの濡れにすぐに気づけ、要介護者への負担を減らすことが可能。


 なお、市販の紙おむつに取り付けることで、装着者が排せつをした時の温度と湿度の変化を検知し、スマホへと通知する。おむつの交換回数や排泄回数はアプリで記録できるほか、クラウド上でも記録可能。複数人でデータの共有が行え、装着者の体調管理にも利用できるという。

 センサ装着の負担を減らすために、薄く通気性のあるシリコンカバーを採用。カバーは水洗いが可能だ。また、スマートフォンがおむつセンサから離れる(約30m)とアラームが鳴るので、徘徊対策にもなる。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]