logo

アップル、3月27日にイベント開催、教育関連か--Appleニュース一気読み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月13日〜3月19日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

 Appleは先週までに、メディア向けに招待状を発送し、米国時間3月27日にシカゴでイベントを開催することを告知した。今回会場となっているのはLane Tech Collage Prep High Schoolという、4年制の公立高校。また招待状の短いメッセージから察するに、教育関連のイベントであることがわかる。

 Appleは2012年3月にも、ニューヨークで電子書籍プラットホーム「iBooks 2.0」や、デジタル教科書編集アプリ「iBook Author」を発表するイベントを開催した。今回も、教育に関連するアプリ等の発表が中心となる可能性が高い。

 シカゴでの開催理由は、2017年12月に、シカゴの公教育において、AppleのSwiftによるプログラミング教育「Everyone can code」の導入を発表しており、そのカリキュラムの開始時期が2018年春と案内されていた。いくつかのアプリや教育プラットホームの刷新とともに、シカゴでのEveryone can codeカリキュラムに関するアナウンスは、必ず含まれることになるだろう。

 そのため、完全に新しいハードウェア関連の発表に対して大きな期待はできない。しかしすでに発表済みの製品、たとえばワイヤレス充電パッドAirPowerやワイヤレス充電に対応するAirPodsケースなどの発売に関して、何らかの発表が行われると予測できる。

アップル、教育関連イベントを3月27日に開催へ(3/17)

日本でもApple WatchがGymKitに対応

 Apple Watchはスマートウォッチ市場を牽引しつつ、本格的な普及へと進みつつある。これまでの主戦場はフィットネス市場で、健康的に生活送るためのパートナーとして多くの人々が手に入れるきっかけを作ってきた。

 そんなキャラクターを寄り強化する取り組みがwatchOS 4に盛り混まれていた。それがGymKitだ。GymKitはフィットネスジムにあるマシンとApple WatchをNFCとBluetoothで連携させ、より多くのデータをApple Watchで記録することができる仕組みだ。

 ジムでApple Watchを使用する際、たとえば室内バイクといったワークアウト計測メニューを用いるが、GPSが利用できる屋外でのエクササイズと異なり、単純に時間と心拍数の記録しかできなかった。しかしジムで室内バイクのエクササイズをすると、回転数やスピード、距離などがディスプレイに表示され、マシンにはそれらのデータがあることが分かる。

 そこでGymKitは、マシンとApple Watchをワンタッチで接続し、マシンが持つデータを取り込む仕組みを用意した。これによって、Apple Watchを介してiPhoneで確認できるワークアウトの記録が、より正確で充実したものになる。

 また、簡単さとプライバシーの両立もポイントとなる。Apple WatchをマシンのNFCリーダに近づけるだけでワークアウト中の接続を確立でき、データはすべてApple Watchだけに記録されるからだ。

 ジムの中、というエクササイズが最も活発に行われる場所でのスマートさを発揮するApple WatchのGymKitは、大きなアドバンテージとなるのだ。

Apple Watchとフィットネスマシンが連携--日本初GymKit対応、ANYTIME FITNESSで(3/19) Apple Watchとフィットネスマシンの連携で記録が正確で簡単に--「Apple GymKit」とは?(3/19)

その他

アップル、画面の下にカメラやセンサを隠す公開特許--「ノッチ」廃止が目的(3/16)

-PR-企画特集