logo

“肌に貼れる”薄型タッチセンサ--ザールラント大学が開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツのザールラント大学の研究チームは、肌に貼り付けて使える、柔らかく薄いマルチタッチ対応タッチセンサを開発した。さまざまな形にすることも可能で、貼り付ける体の部位に合わせた形状のタッチセンサが作れる


肌に貼り付けて使えるマルチタッチ対応タッチセンサ(出典:ザールラント大学)

 肌に貼り付けるタイプのタッチセンサ技術は、以前から存在する。しかし、従来のセンサはタッチ検出の解像度が高くなかったり、シングルタッチにしか対応していなかったりと、制約が多いそうだ。研究チームは、この種のタッチセンサに適した各種素材を検討。マルチタッチに対応し、検出解像度の高いシート状センサの開発に成功した。


電極シートなどを含む多層構造(出典:ザールラント大学)

 センサは多層構造をしており、2つの電極シートを絶縁層や保護層などで挟み、静電容量の変化を検出に利用する。試作してテストしたところ、2本の指を添えて触れたことを識別できた。


2本の指によるタッチを識別可能な解像度(出典:ザールラント大学)

 研究チームは、このセンサ用のデザインツールも合わせて開発。センサの形状やタッチ検出範囲などを設定すると、電極シートの配線などが自動的に決定され、貼り付ける場所に応じたセンサを容易に作れる。


体の部位に合わせて作れる(出典:ザールラント大学)

 さらに、センサの最上位層は「Art Layer」となっていて、好きな絵柄のプリントが可能。ファッション製品にタッチ検出機能を付加する、といった応用が考えられる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]