logo

ARメガネのMagic Leap、開発者向けポータルサイトとSDKを公開

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月20日 08時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Magic Leapは、20億ドル(約2100億円)を超える資金を調達して拡張現実(AR)メガネを開発する新興企業だ。大いに注目を集めてはいるものの、デバイスに関する情報はあまり明かされていなかったが、同社がついに、開発者らにその秘密を明かそうとしている。


提供:Magic Leap

 同社は米国時間3月19日、開発者向けポータルサイトとソフトウェア開発キット(SDK)「Lumin SDK」を公開した。ヘッドセット「Magic Leap One」用のアプリやゲームの開発を始める開発者向けのツールが提供されている(「Unity」や「Unreal Engine」のほか、Mozillaの「WebXR」に対応している)。

 各種ツールをダウンロードする前に秘密保持契約書に署名する必要がある(必読:Magic Leapの機密情報をツイートなどで公開してはならない)。

 複数の開発者が、SDKをインストールする様子などをツイートしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集