logo

DMM、フルカラー化したPC向け「プリンセスメーカー2リファイン」を配信

佐藤和也 (編集部)2018年03月17日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「プリンセスメーカー2リファイン」キービジュアル
Scroll Right Scroll Left

「プリンセスメーカー2リファイン」キービジュアル

(C)Yonago GAINAX/(C)CFK

 DMM.comは、米子ガイナックスが開発、韓国のCFKがパブリッシングするPC向け育成シミュレーションゲーム「プリンセスメーカー2リファイン」のWindows版を、3月16日から配信を開始した。価格は1980円(税込)。

 「プリンセスメーカー2」は、星から授かった娘の父親を体験する、シミュレーションタイプの子育てゲームとして1993年に発売。10歳から18歳までの8年間娘を育て、その育て方によってさまざまな将来が待ち受ける。

 本作はオリジナル版をベースに、当時16色だったグラフィックを全てフルカラー高解像度で再ペイント。また、娘のみならず、執事キューブを始めとする全てのキャラクターの音声を収録している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]