logo

Nest、室温センサやスマートドアベルなど新製品を販売開始

Jake Smith (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年03月16日 13時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google傘下のNestは米国時間3月15日、同社製のサーモスタットに接続することにより部屋を希望どおりの室温にする「Nest Temperature Sensor」の予約受け付けを開始した。直径5cmのこの室温センサは、バッテリ寿命が2年間で、Bluetooth Low Energy(BLE)を利用して作動する。

 価格は1個39ドル(約4100円)、3個セットなら99ドル(約1万1000円)で、米国では4月に発売される。「Nest Learning Thermostat」(第3世代)または「Nest Thermostat E」が必要だ。

Nest Temperature Sensor
Nest Temperature Sensor
提供:Nest

 Nestは、玄関口の様子を160度のHDライブ動画でスマートフォンに送信するスマートドアベル「Nest Hello」の出荷も米国で15日に開始した。2017年9月に発表されたNest Helloは、価格が229ドル(約2万4000円)で、3時間分の動画を撮影できるので、玄関の様子を後から確認できる。

 Nestの説明によると、Nest Helloは既存の有線ドアベルに取って代わるもののようだ。

Nest Hello
Nest Hello
提供:CNET/CBS Interactive

 Nestは、鍵メーカーのYaleとの提携から生まれたスマートロック「Nest x Yale Lock」も同社ウェブサイトで発売した。価格は249ドル(約2万6000円)。

Nest x Yale Lock
Nest x Yale Lock
提供:Nest

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]