logo

ピザハット、AIを使ったマーケティングデータ解析で待ち時間の削減へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GAUSSは3月13日、日本ピザハットの保有するマーケティングデータ解析による売上拡大および、宅配効率最適化による顧客の待ち時間削減を目指し、3月より共同開発を開始したと発表した。

 同社によると、ピザハットの売上は堅調で以前より需要拡大している一方で、一部の店舗では、顧客の宅配待ち時間増加に伴う、機会損失が発生していることが課題となっているという。

 そこで同社では、AI(時系列、データ分類、ベイズ推定、強化学習など)を用いたデータ解析による予測により、ピザハットが蓄積している全国約370店舗(直営+フランチャイズ)の各店舗の販売・稼働状況のデータを活用し、機会損失の可視化および、翌日以降の需要予測を用いてリソース配分の最適化。さらなる売上拡大と顧客の待ち時間削減を目指す。

 また今後は、飲食業や小売業の需要予測に特化したAI技術をパッケージ化(API公開)し、リソース配分(人員配置、在庫の適正化など)の課題を抱える企業へ展開するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]