logo

「Alexa」、呼びかけ不要で追加のコマンドに反応する機能が登場

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月12日 13時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Alexa」に複数の事柄を質問したり命令したりしたい時には、同デジタルアシスタントを起動するために、要望ごとに何度も「Alexa」と呼びかけなければならなかった。今回、Amazonが「Follow-Up Mode」と呼ばれる新機能を米国版に導入し、より自然な操作が可能になった。

 Follow-Up Modeを有効にすると、Alexaはユーザーへの応答を完了した後も、5秒間待機する。その間は、呼びかけ不要で別の要望を出すことが可能だ。その5秒間はAlexa端末の青いLEDリングが発光して、待機状態にあることを伝える。さらに頼みたいことがある場合、最初に「Alexa」と呼びかける必要はなく、ただ依頼事項を伝えればいい。ユーザーが何も言わなければ、Alexaは無言で自動的にスリープ状態に戻る。


提供:Ian Knighton/CNET

 ただし、これはAlexaが複数の命令を一度に処理できるということではない。例えば、「Alexa、電気を消してサーモスタットを(華氏)68度に設定して」と命令することはできない。これらの命令を、別個のものとして続けて伝えることができるということだ。例として、以下のような会話が考えられる。

 ユーザー:「Alexa、電気を消して」
 Alexa:「分かりました」(待機を継続)
 ユーザー:「サーモスタットを68度に設定して」
 Alexa:「分かりました。室温を68度に設定しました」


提供:Screenshot by Ry Crist/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]