logo

ウェザーニューズ、Twitterと協業プロジェクト「#減災リポート」を開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェザーニューズは、Twitter Japanとの協業プロジェクト「#減災リポート」を開始すると発表した。


 同プロジェクトは、大雨や地震などあらゆる自然災害による被害状況をウェザーニュース会員やTwitterの利用者から報告してもらい、それをウェブサイトでリアルタイムに公開する参加型のプロジェクト。個人・地域の被害を軽減させる活動や防災活動を推進することが目的だ。

 今後、一般公開を予定しているウェブサイトでは、ハッシュタグ「#減災リポート」を付けて寄せられる被害状況が確認できるようになる。例えば、大雨の際には、危険なエリアや災害の発生場所をひと目でチェック可能だ。両社は、ウェブサイトの構築に向けて、ツイートの効果的な活用方法の提案や、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」のツイート機能拡充を行い、準備を進める。

 また、同社では、ウェブサイトの公開に向けて、ウェザーニュース会員が災害時に発信する情報に対し、ハッシュタグ「#減災リポート」を付与して自動的にツイートする機能を拡充する予定。


 Twitterは、2011年に発生した東日本大震災の折、避難関連や被害状況、安否確認、物資関連の情報が多くツイートされ、ライフラインのひとつとして活用された実績がある。以降、Twitterの月間アクティブユーザーは4500万になり、今起きているものごとを共有するオープンなプラットフォームとなっている。

 また、同社にも、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」などを通して、1日約18万通の天気報告が寄せられており、日々の天気報告によって、現地の詳細な気象状況や自然災害の影響把握ができ、予報精度の高い気象情報の提供に役立てられているという。

 このように、さまざまな情報が多く寄せられる両社は、地震や荒天時の情報をリアルタイムに収集し、広く公開・提供することで被害軽減に繋げられると考え、この認識を共有するパートナーとして、それを実行し、推進するために協業プロジェクト「#減災リポート」を立ち上げることに同意した。

 ウェブサイトの公開後は、災害情報の収集を質的かつ量的にも大きく飛躍させるため、一般ユーザーに参画を促すという。両社は、災害時に各地の状況をハッシュタグ「#減災リポート」を付けてツイートしてもらうことを広く浸透させるため、自社発信だけでなく、今後は放送局や自治体などにも協力を求めるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]