logo

KDDI、ウェザーニューズとドローン事業で業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは11月29日、ウェザーニューズとさまざまな分野でモバイル通信ネットワークにつながるドローンの活躍を期待する「スマートドローン構想」の実現に向け、業務提携を締結したと発表した。


 両社は、ドローン向け気象予測情報の提供や基地局に設置した気象観測システム「ソラテナ」の活用に向け、準備を進めるという。

 同社は、2016年12月にプロドローン、ゼンリンと、2017年3月にはテラドローンと4G LTEに対応した「スマートドローンプラットフォーム」の開発について業務提携を行っている。

 同社によると、ドローンによる長距離自律飛行を実現するためには、ドローン飛行開始前に飛行予定ルートの気象予測を基に飛行可否の判断を行い、さらに飛行中においても安全運航の妨げになる突風や豪雨、霧などの正確な情報を迅速に把握し、着陸可否判断やルート変更を行う必要があるという。

 両社はこれまでも、全国約3000の基地局を活用した気象観測システム「ソラテナ」を共同で提供しており、今回の業務提携では、スマートドローンの運航管理システムにウェザーニューズが保有する高精細な気象情報を搭載する。

 これにより、スマートドローンが4G LTEネットワークを通じてリアルタイムで高精細な気象情報を基に、より安全なドローンの自律飛行の実現を目指す。

 同社は今後も、さまざまなモノがインターネットを通じてつながるIoT時代において、ドローンがモバイル通信ネットワークにつながり、設備点検や農業支援、災害救助など、さまざまな分野で活躍する「スマートドローン構想」を推進するとしている。

-PR-企画特集