logo

freee、「G Suite」の販売を開始--「クラウド会計ソフト freee」とAPI連携

佐藤和也 (編集部)2018年03月09日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freeeは、3月8日から販売パートナーとして、Googleの「G Suite」をfreeeユーザー向けに販売を開始した。freeeのプロダクトとG SuiteのAPI連携を中心としたクラウドインテグレーションを加速させ、バックオフィスを中心にあらゆる業務の自動化・効率化を推進するとしている。

freeeとG Suiteとの連携イメージ
freeeとG Suiteとの連携イメージ

 freeeのサービスを利用している顧客がG Suiteを契約すると、Gmail、ビデオ会議、Googleドライブによるファイル共有などをパッケージ価格で利用できる。G Suiteの導入を推進することで、場所や端末に関係なく、リアルタイムで従業員間のコミュニケーションや共同編集、情報共有が可能となるため、コストを削減してビジネス展開を効率良くスピーディーに進められるとしている。

 今後はG Suiteとfreeeの提供サービスとのクラウドインテグレーションを推進する。freee APIにG SuiteがAPIで連携し、G Suiteを利用する顧問先であれば、Google スプレッドシートで作成した現金出納帳の明細をシート上で1クリックすれば、PCへのダウンロードや「クラウド会計ソフト freee」へのアップロードなども、自動で直接連携できるようになるという。

 またGmailも活用することで、会計freeeにデータ連携され、会計事務所宛に連携されたことを自動通知することも可能。会計事務所もG Suiteを利用していた場合、現金出納帳自体をインターネット上で顧問先と共同編集が可能。業務効率の改善が期待されているとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]