logo

「Oculus Rift」が動作しない問題が発生--原因はセキュリティ証明書の期限切れ

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年03月08日 12時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Oculus Rift」ユーザーで、デバイスが使えないという人はいないだろうか。かなりの確率でそうなっているはずだ。というのも、どうやらFacebook傘下のOculusに不手際があったため、「Windows」ベースの仮想現実(VR)ヘッドセットであるRiftは今、完全に動作しない状態になっているからだ(米CNETも手元にあるRiftが動かないことを確認した)。


提供:Sean Hollister/CNET

 だが幸いなことに、Riftは完全に文鎮化してしまったわけではなく、Oculusは現在解決に向けて取り組んでいるところだ。

 同社によると、原因はソフトウェアのセキュリティ証明書の期限が切れてしまったことだという。

 「当社はRiftソフトウェアへのアクセスに影響を及ぼす問題が起こっていることを認識しており、現在懸命に調査しています。ユーザーのみなさんにおかけしているご不便に関しては、謹んでおわびします。現在、問題の解決に取り組んでいますので、もう少しお待ちいただければ幸いです」と、Oculusは公式フォーラムで述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]