logo

グーグル、レストランガイドのZagatを売却へ

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2018年03月06日 09時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ZagatをレストランレビューサイトのThe Infatuationに売却することで合意した。The Infatuationが米国時間3月5日に発表した。


提供:Getty

 「広く知られるブランドを手に入れる機会は少ないが、Zagatはこの上なく知名度が高い」と、The Infatuationの最高経営責任者(CEO)Chris Stang氏は発表の中で述べた。

 Googleは2011年に、レストラン評価サービスのZagatを1億5100万ドル(約160億円)で買収し、そのコンテンツを「Googleマップ」などのサービスに組み込んだ。しかし、2018年に入って売却の可能性がうわさされていた。

 The Infatuationは今回の買収金額を公表していない。開設9年の同サイトは、シカゴ、ニューヨーク、サンフランシスコなどの都市に自社レビュワーを置く。Zagatについては、独立ブランドとして存続させる計画だ。

 Googleの製品およびエンジニアリング担当バイスプレジデントのJen Fitzpatrick氏は、次のようにコメントした。「Zagatは当社のさまざまな製品において、有用で関連性の高い食事情報の検索結果をユーザーに提供するのに役立ってきた。The Infatuationは、Zagatブランドの素晴らしい親会社となる革新的な企業だ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]