logo

Uber、医療機関と患者をつなぐ配車サービス「Uber Health」発表

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月02日 09時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberがユーザーのための新たな目的地を用意した。医療機関だ。

 Uberは、確実な移動手段がないことが原因で診察の予約を守れなかった米国人が年間360万人いることを指摘し、「Uber Health」を発表した。米国のHIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)のプライバシー規則に準拠し、Uberの契約ドライバーと病院、リハビリセンター、高齢者介護施設、理学療法センターなどの間をつなぐものだ。患者が予約を入れると、提携医療機関は配車サービスを予約し、詳細情報を患者に送付するとともに、ドライバーが迎えに行くときに再度通知することができるようになる。

 医療機関が配車を予約できるようにしたのは、スマートフォンを持っていない患者やUberになじみのない患者でもこのサービスを利用できるようにするためだ。

 Uberは米国時間3月1日付けの声明で、「多くの人々が、Uber Healthによって初めてUberを利用することになるので、すべての患者が快適かつ安心して乗車できるように、必要な教育ツールの提供に取り組んでいる」と述べた。ユーザーは、通常のテキストメッセージの代わりに、固定電話で配車確認を受けることもできるとしている。

 Uberによると、100を超える医療機関が既にUber Healthをベータプログラムとして利用しているという。それと同じダッシュボードが現在、米国全域で一般提供されている。

Uber
提供:Uber

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]