logo

リリース近づく「Windows 10 Redstone 4」最新テストビルド公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年02月28日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10」の最新機能アップデート「Redstone 4」が完成するとみられる3月が間近に迫るなか、Microsoftは複数の新機能をテストビルドに追加した。

 同社は米国時間2月27日、Redstone 4の最新テストビルド「Build 17110」を「Windows Insider Program」の「Fast Ring」テスター向けにリリースした。このビルドでは法人向けの複数の機能とともに、「Docker for Windows」のユーザー向けに「Server Core」と「Nano Server」の新たなWindowsコンテナイメージも提供されている。

 企業は今回のビルドから、機能アップデートの最中にカスタムアクション/スクリプトを実行できるようになった。この機能により、「セットアップ」は2つのアップデート段階でカスタムアクションを実行するようになる。

 これらの新機能以外に、Build 17110には同OSのルック&フィール関連をはじめとする数多くの修正が含まれている。また、Build 17110のリリース発表ページには既知の問題もいくつか記されているため、同ビルドのインストールに先立ってチェックしておくのがよいだろう。

 Redstone 4は3月に完成し、4月頃にメインストリームのユーザー向けに提供が開始されるとみられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]