logo

Arm、IoTデバイスへのSIMカード搭載を可能にする「Kigen」を発表

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年02月22日 14時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマート電球やスマート冷蔵庫、スマートテレビなどのコネクテッドデバイスは全てWi-Fiネットワークでつながっている。しかし、近い将来、そうした状況は変わるかもしれない。

 プロセッサ設計を手がけるArmが「Kigen」と呼ばれる新しいソフトウェアスタックを披露した。Kigenは、SIMカードをIoTデバイスに統合することを可能にする。つまり、スマートデバイスがWi-Fiを必要とせず、スマートフォンのようにインターネットに接続できるようになる。これは大きなビジネスになるかもしれない。同社はコネクテッドデバイスの台数が2035年までに1兆台に達すると予想しているが、セルラーIoT市場はその一部でしかない。

 セルラー信号とSIMカードを使うということは、スマートデバイスが瞬時にインターネットに接続できることを意味する。さらに、Wi-Fiがつながりにくい場所でもスマートデバイスを利用できることを意味する、とArmのソリューション担当バイスプレジデントのChet Babla氏は述べた。

 例えば、配達用トラックにIoTセンサを搭載すれば、荷物がどこにあるかを正確に把握できる。あるいは、農場でかんがいシステムの制御に利用することも可能だろう。

 Armの新技術は接続のグローバルスタンダードを提供することにもなる。これは、ローカルでセットアップされた個々のWi-Fiネットワークと対照的だ。さらに、スマートフォンの場合と同様、SIMカードは各スマートデバイスにも個々のIDを付与する。


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]