logo

Spotify、スマートスピーカ発売への布石?--ハードウェア担当者の求人を掲載

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年02月22日 10時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Spotifyの次の大ヒットは何だろうか。それはハードウェアかもしれない。

 Spotifyは現在、「Operations Manager - Hardware Product」(オペレーションマネージャー - ハードウェア製品)の求人情報を掲載している。採用された応募者は「コネクテッドハードウェア経由での革新的なSpotify体験の開発に貢献」し、ハードウェア製品(名前は書かれていない)の販売、物流、顧客サービスを管理することになる。

 2017年にも、何らかのSpotify製ウェアラブルを示唆する別の求人が出されたことがある

 どんな音楽サービスでも、自社のサービスをユーザーの耳に届けるにはスピーカやヘッドホンが必要なので、Spotifyは現在、「Spotify Connect」と呼ばれるシステムを使って、さまざまな種類のオーディオハードウェアと接続している。仮にSpotifyが独自のハードウェア(それがイヤホンやスマートスピーカシステムである可能性は十分に考えられる)を開発すれば、現在、Spotifyブランドを使って製品を販売している他社の売り上げの一部を獲得できるかもしれない。

 このニュースに関してSpotifyにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]