logo

レーザー光で数メートル離れたスマホをワイヤレス充電--ワシントン大学が開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン大学の研究チームは、レーザー光照射で離れた場所に置かれたスマートフォンなどへワイヤレス給電する技術を開発した。ケーブル接続することなく、USB接続と同じ程度の時間でスマートフォンをワイヤレス充電できるという。


レーザー光で給電。ここでは赤色レーザーをデモ目的で使用(出典:ワシントン大学)

 このシステムは、給電側から目に見えない波長のレーザー光線を照射し、スマートフォンなどに取り付けた受光部で光エネルギーを電気エネルギーに変換する仕組み。最大4.3m離れた場所にある15平方インチ(約97平方cm)の領域に、2Wのエネルギーを送れる。さらに、12m離れた場所の100平方cmあるエリアに給電する改造も可能。

 ただし、これだけ出力のあるレーザー光が人体などに当たると危険だ。そこで、給電用レーザー光線を囲むように低出力の保護用レーザー光も照射し、受光部近くに設けた反射板から保護用レーザー光の反射があるかどうか常に確認する。反射しない場合はレーザー光が何かに遮られるなどしていると判断し、給電用レーザー光の照射をやめる。


反射板で安全性を確保(出典:ワシントン大学)

 また、スマートフォンの背面に取り付ける受光部には、不要な熱を放散するヒートシンク用途の金属製プレートも設ける。


研究チームのメンバー(出典:ワシントン大学)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]