logo

ドコモ、ドローンビジネスの支援事業を2018年春に提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月21日、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けに、ドローン運用をトータルで支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発したと発表した。


「ドローンプラットフォーム docomo sky」のイメージ

 同プラットフォームは、クラウドコネクト、運航支援基盤、ビジネス支援基盤、解析支援基盤の4つの要素で構成。ドローンとプラットフォームをセルラーネットワークで常時接続することで、複数台の自動飛行、目視外での遠隔操作、機体情報管理、機体を用いた業務のワークフロー管理、撮影画像データなどのセンシングデータをリアルタイムに取得し、管理までの一連の運用をウェブ上で行えるようになる。


利用の流れ

 最初の取り組みとして、同プラットフォームを活用した「太陽光発電事業者向けソーラーパネル自動点検・解析サービス」を3月より南国殖産を通じて、グループ企業である九州おひさま発電の日置発電所(鹿児島県)にトライアル提供する。また、今後もパートナー各社とのビジネス実証や技術開発に取り組むとしており、4月には「セルラードローン・オープンパートナーイニシアティブ」を発足し、エントリーを開始する予定だという。


フライトプランの管理イメージ

アナリティクスの操作イメージ

 さらに、同プラットフォームの本格導入に先立ち、ビジネス活用を目的にドローンの導入を検討している企業や自治体向けに、ドローンの機体や機体用カメラの販売やレンタル、通信端末の提供、映像中継や3D画像計測などのソリューション提供、国土交通省への飛行申請サポート、パイロットの派遣や安全に運用するための講習など、ドローンの初期導入を支援する「ドローンスターターサポート」を2018年春に開始する予定。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]