logo

ソニー、スタミナ重視のワイヤレスヘッドホン3機種--ノイキャンモデルも

加納恵 (編集部)2018年02月20日 16時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月20日、Bluetoothによるワイヤレスヘッドホンに「WH-CH700N/CH400」(CH700N/CH400)とワイヤレスイヤホン「WI-C300」(C300)の3機種を追加した。いずれも3月10日に発売する。

 CH700Nは、40mmドーム型ダイナミックドライバを搭載した密閉型ヘッドホン。周囲の騒音を分析し、最適なキャンセリングモードを選択する「AIノイズキャンセリング機能」を備える。

 圧縮音源で失われがちな高域と微小音までを再生する独自の「DSEE」機能も搭載。オーディオコーデックはSBC、AAC、aptXに加え、aptX HDをサポート。ワイヤレスでも高音質再生を実現する。

 重量は240gで、約35時間のスタミナ再生のほか、10分間の充電で1時間の再生ができるクイック充電に対応する。ボディカラーはブラック、グレー、ブルーの3つ。想定税別価格は1万9000円前後になる。


「WH-CH700N」。ブラック、グレー、ブルーの3つ

 CH400は、想定税別価格5500円のエントリーモデル。30mmのドーム型ダイナミックドライバを搭載し、約4.5時間の充電で、約20時間の再生が可能だ。重量は約107g。オーディオコーデックはSBC、AACに対応する。ボディカラーはブラック、グレー、ブルー、レッドの4色。


「WH-CH400」。グレー、レッド、ブラック、ブルーの4色

 C300は、ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン。9mmのドーム型ダイナミックドライバを搭載し、高磁力ネオジウムマグネット搭載で、クリアな中音域とパワフルな低域を再生する。約2時間の充電で約8時間の再生に対応する。重量は約15g。ボディカラーはブラック、ブルー、ホワイト、レッドの4色。想定税別価格は6000円前後。

 いずれのモデルも、SiriやGoogleアプリの起動に対応するボイスアシスト機能を装備する。


「WI-C300」。ブラック、ブルー、ホワイト、レッドの4色

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]