logo

[ブックレビュー]すべての“働く人”に読んでほしい--「『働きがい』の伝え方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロスメディア・パブリッシング
内容:大手企業の社長を務めた海野忍氏が、社内ブログに執筆していた内容を1冊にまとめた。ビジネスの心構えからコミュニケーション、さらにはビジネスの捉え方まで、仕事を楽しむための方法を教えてくれる。
「『働きがい』の伝え方」
「『働きがい』の伝え方」

 自分はなんのために仕事をしているのか、考えたことは一度や二度ではない。「生活のため」というのが、一番しっくりくる理由だが、しかしそれだけではないような気もする。もっと目的がはっきりしている人もいるかもしれないが、働いていれば、やりがいを感じることもあるし、まったく感じられないこともある。そんなあいまいな自分でも、心の持ち方1つで変わるのかもしれない。本書を読むと、ちょっと安心できる。

 もともと本書は、社内の人向けに書かれたビジネスブログなのだそうだ。大げさなことは1つも書かれていない。ただ、そこには、自分かもしれない人が見えてくるだけだ。毎日の仕事をちょっとだけがんばっている自分。言われたことをこなすだけで精一杯の自分。後輩や部下はいるが、責任に不安を感じることもある自分。忘れかけていた自分。

 1つの項目はとても短い。ほとんど1~2分で読める気軽さだ。それぞれが独立している話なので、どこから読んでもかまわないし、文体もやわらかくて読みやすい。パッと見て、目に飛び込んできたものが、そのとき自分が最も関心のある話かもしれない。同僚や友人に、軽く相談するような気持ちで、ページをのぞいてみるのがいい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]