logo

Windows 10で「Progressive Web Apps」サポートへ--MSが詳細を説明

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年02月07日 14時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが春にリリース予定の「Windows 10 Redstone 4」で「Progressive Web Apps(PWA)」のサポートを取り入れようとしていることはすでに明らかになっている。Microsoftの関係者は米国時間2月6日、計画されている次のステップについて詳細を明らかにした。

 PWAは、ウェブサイトあるいはアプリでネイティブアプリのように振る舞うことができるもので、Googleを中心的に取り組みが進められてきた。Microsoftも、自社の技術「Westminster」ブリッジを開発者が利用して、ウェブサイトやアプリをストアアプリのようにする手段を提供している。一方でMicrosoftは、GoogleやPWAの支援者と連携していこうとしている。

 Microsoftの新しい戦略がうまくいけば、PWAはMicrosoftストアにあるアプリの数と質を向上させるのに役立つかもしれない。MicrosoftストアからインストールされるPWAは、Windows 10でappxとしてパッケージ化され、サンドボックス化されたコンテナ内で実行できるようになる。

 Microsoftは2017年12月に公開した「Windows Insiders」のテスター向けリリースで、「Microsoft Edge」での「Service Workers」のサポートを追加している。Microsoftは6日に公開したブログで、「Fetch」ネットワーキングや「Push」、「Cache」APIとともに、Windows 10でPWAをサポートするための技術的な土台をそろえたと記している。MicrosoftはService WorkerやPushなどの技術について、「EdgeHTML 17」がWindows 10の安定したビルドで出荷される際にデフォルトで有効にする計画だ。

Windows 10 Progressive Web Apps

 同時に、Microsoftは数週間以内に、ウェブからPWAのクローリングとインデックスを行いMicrosoftストアにリストするためのいくつかの「実験」を開始するという。Microsoftはこの1年、「Bing Crawler」を利用してPWAを確認している。150万の候補をレビューし、PWAの「小規模な最初のセット」を作ったという。これを「今後数週間で」Windows 10ユーザーが利用できるようにすると記している。

 さらに、開発者がPWAを提出し、Microsoftストアにリストするための選択肢も用意される。開発者はMicrosoftが無料で提供する「PWA Builder」ツールを使って、PWAでAppXを生成できる。

 Microsoftウォッチャーの間では、PWAのサポートは、UWPの重要度を下げることになるとの見方もあるが、Microsoftは否定している。

 Microsoftは6日のブログで、開発者はPWAではなく、ネイティブのアプリを開発することが適切となる場合もやはりあるとしている。しかし、ウェブとともに複数のネイティブなプラットフォームでほぼ同一のアプリを維持しようとしているのであれば、PWAを採用するのが適しているという。また、まったく新しいアプリを開発している場合は、PWAに対応した方がよさそうだと述べている。PWAはより高速でコスト効率の良いオプションであるためだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]