logo

「Apple Music」、米国での有料会員数でSpotifyを年内に抜く見込み

Andrew Morse (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年02月05日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Wall Street Journal(WSJ)の報道によると、音楽ストリーミングサービスの米国における有料会員数の比較で、最大手のSpotifyを「Apple Music」が年内に追い抜く見込みだという。

 WSJは両社に詳しい音楽業界人の話を引用し、Apple Musicの米国における有料会員数がSpotifyよりも速いペースで伸びていると報じた。Apple Musicの米国における有料会員数は月間で約5%増加しており、Spotifyの月間約2%よりも伸び率が大きいという。

 両サービスの伸び率がこのまま推移すると、Appleは今夏にも米国における有料会員数でSpotifyを抜くとWSJは予測している。

 ただし、Spotifyは依然として世界最大のストリーミングサービスであり、全世界の有料会員数を比較するとApple Musicの約2倍となる。Spotifyは1月の時点で会員数は7000万人を超えると発表している。一方、AppleはWSJに対し3600万人と述べた。

 Spotifyは2018年内にニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を目指していると報じられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]