logo

タイトー、磁力とモータで動く「PONG」をJAEPOに出展--「VRキャプテン翼」も

佐藤和也 (編集部)2018年02月03日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイトーは、2月9~11日に幕張メッセにて開催されるジャパン アミューズメント エキスポ2018(JAEPO2018)において、磁力とモータで動くビデオゲーム「PONG(ポン)」を展示すると発表した。タイトーが日本国内の正規代理店として販売を予定しているという。

最新機能、デザインとなって新登場する「PONG」
最新機能、デザインとなって新登場する「PONG」
「PONG」
「PONG」

 PONG(ポン)は、1972年にアタリから発売された名作ビデオゲーム。本作はレトロな効果音や反射時の点滅効果など、オリジナルを忠実に再現したもの。液晶パネルがはめ込まれているのではなく、ガラス製のテーブル内で、ボールとパドルをガラス面の裏側から磁力やモータにより、盤面を移動させ滑らかな動きを出しているという。コントロールパネルの蓋を閉じれば、おしゃれなレトロ調コーヒーテーブルにもなり、さまざまなインテリアにもマッチするデザインとしている。

 テーブルタイプでは、スマートフォンの充電ができるUSBポートを4口搭載。Bluetoothスピーカから、好みの音楽を再生することもできるという。コインオペレーションに対応したアーケードタイプも開発中で、娯楽施設のみならず、飲食店やカラオケ店、ホテル、スポーツジムなど多彩な施設でも稼働できるという。

 なお、体感型VRコンテンツタイトル「VRキャプテン翼~燃えろストライカー~(仮)」の出展もあわせて発表。本当にボールを蹴るという快感を独自のシステムで実現した、繰り返し楽しめる新機軸のサッカー体験VRアトラクションとしている。VR空間に広がるサッカースタジアムで、プレーヤーはストライカーとなり、PKやFKなどの決定的局面でシュートを放ち、ゴールを目指す内容。JAEPO2018では、JAEPO専用バージョンがプレイできるという。

「VRキャプテン翼~燃えろストライカー~(仮)」
「VRキャプテン翼~燃えろストライカー~(仮)」
(C)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会
(C)Sony Music Communications Inc.

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]