logo

AIを活用した顧客との関係構築方法とは--「CNET Japan Live 2018」でFRONTEOが講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「CNET Japan」を運営する朝日インタラクティブは、IoT時代でAI活用があたりまえになった世の中で、ビジネスを成長させるためのコミュニケーションのあり方を議論する「CNET Japan Live 2018」を2月27~28日にソラシティカンファレンスセンター(東京・御茶ノ水)で開催する。一部有料で、来場には事前登録が必要。定員は400人。

 講演を20題、ほかAIを使った自動校正技術の特許出願を持つ朝日新聞社メディアラボなどによる展示コーナーも設ける。

 2月27日15時30分~16時20分に開催する「B-3」セッションではFRONTEOコミュニケーションズ 取締役の山岸建太郎氏が「顧客を惹き付け、離さない!AIを活用したマーケティング&コミュニケーションの促進」と題して、広がろうとしているAI活用の今を紹介する。

 顧客層を広げて数を増やし、その顧客にはサービスを継続して利用してもらう──。効率よく、効果的に顧客との関係性を築くことは、ビジネスにおける永遠の課題と言えるだろう。

 本セッションでは、クレームの早期発見や、商品開発につながる顧客の声の抽出、退会しそうな会員の早期検知、HOT顧客の発見など、顧客マーケティング&コミュニケーションにおける課題を、AIを用いて解決・促進する方法について、具体的事例を交えて紹介する。

 イベントのチケットは3種類。全セッションに参加できる「Premierチケット」は1万800円で、早期割引期間中は6480円となる(いずれも税込)。ほか、「学割チケット」が4320円、展示会場に参加できる「Generalチケット」は無料だ。

CNET Japan Live 2018 AI時代の新ビジネスコミュニケーション

-PR-企画特集