logo

Netflix、Production I.Gらと業務提携--共同制作アニメを190カ国に配信へ

佐藤和也 (編集部)2018年01月31日 17時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは1月31日、アニメプロダクションとして知られるプロダクション・アイジーならびにボンズと包括的業務提携を締結したと発表。両社とそれぞれにアニメエピソードを共同で制作、 Netflix上で世界190カ国に向けて配信する予定としている。

 今回の提携について、Netflixは「日本発のハイクオリティなアニメ作品を制作、動画配信サービスを展開する190カ国への配信を通じて、世界のメンバーに届けるアニメのラインナップを強化すること」と、目的を説明。また「日本のアニメの制作者・クリエーターにとっては、作品をNetflixのグローバルプラットホーム配信を通じて、これまで以上の数多くの海外のアニメファンに広く届ける機会を得ることができるようになった」としている。

 なお、 プロダクション・アイジーの包括的業務提携の中には、グループ会社であるウィットスタジオも含まれているという。制作される作品の詳細は追って発表するとしている。

 日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け、楽しんで頂くことができるのは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいことです。言語問わず楽しんでいただけるようなコンテンツの制作に努めます(プロダクション・アイジー代表取締役社長の石川光久氏)。

 世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエーターにとって大きな意味があることだと感じています。今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたいと思います(ボンズ代表取締役社長の南雅彦氏)。

 日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評があります。このたびI.G様およびbones様と提携させて頂くことで、アニメ作品のプロデュースから配信にまで携わらせて頂くことを大変嬉しく思います。 Netflixが日本のアニメ文化の発展、また国や言語を超えるグローバルな配信に貢献できれば幸いです(Netflixのグローバルアニメ責任者を務める、バイスプレジデントのロバート・ロイ氏)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]