logo

[ブックレビュー]上達の秘訣は“声”に出すこと--「英語は朗読でうまくなる!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルク
内容:英語学習の効果的な方法として知られる「音読」。ただ単に声に出す音読ではなく、さらに一歩進めた朗読が、上達に役立つと著者は説く。CD付きで聞きながら、英語の朗読を身に着けよう。

 英語学習に取り入れると効果的な方法として「音読」は有名だ。だが、「朗読」となるとどうだろう。声を出してはいても、朗読ということまで意識して読み上げている人の話はあまり聞かない。声(音)に出せばいいだけの音読と、意味を聞き手に伝えようとする朗読とでは、だいぶやり方が異なるようだ。英語で「朗読」することによって、英語の文章への理解を深め、発音も向上させられるというのだから、やらない手はない。

 日本語(つまり国語)の授業を思い出してみると、教科書を読み上げて音読することはたびたびあった。日本語ならば、英語ほど意味が分からないということはないため、自然と意味を把握して、適切な場所で息継ぎをしていたように思う(プロのそれとは雲泥の差だとしても)。しかし、英語で音読しているときに、そこまで考えが及んでいたかどうか。

 本書では、英語で朗読する際の基本的な方法について学び、実践できる。付属のCDを聞き込み、自分でもやってみることで、いかに自分が英文を「読めて」いなかったかを思い知る。できないことを知らなかったのだからしかたない。落ち込むかもしれないが、合間に挟まれる著者のコラムを読むと、元気付けられる。プロでもスラスラできないことなのだから、素人の自分はもっと練習しようと思える。もっと英語で話せるようになりたいという人には、チャレンジしがいのある本だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]