logo

TwitterのCOOが辞任、オンライン融資企業SoFiのCEOに

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年01月24日 08時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterの最高執行責任者(COO)を務めるAnthony Noto氏が同社を離れる。Twitterは米国時間1月23日、オンライン融資を手掛ける新興企業Social Finance(SoFi)の最高経営責任者(CEO)に同氏が就任するのを受諾した後、同氏の辞任を発表した


 Noto氏がTwitterのCOOを務めていたのは、1年余りだった。

 Twitterの経営陣では、この数年間で複数回の幹部交代があった。前COOのAdam Bain氏は、収益性の高いTwitterの広告事業の拡大に大いに貢献した人物だが、6年間Twitterに在籍した後、2016年の終わりに同社を離れた。Bain氏は、Jack Dorsey氏がCEOとして復帰した頃にCOOに就任していた。

 Bain氏が引き継ぐ前、同職は1年以上空席だった。それ以前に同職に就いていたAli Rowghani氏は、精彩に欠ける成長と製品イノベーションの問題に端を発した当時の幹部再編成の最中に辞任した。その問題は今なおTwitterを悩ませ続けている。

 Noto氏は、Bain氏辞任後にCOOを引き継いだが、それによってNoto氏が就いていた最高財務責任者(CFO)の職は6カ月以上空席となった。同職にはその後、Goldman Sachsなどを経てIntuitに勤務していたNed Segal氏が就任した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]