logo

肌分析から仮想クローゼットまで--スマートミラーの最新機能 - (page 2)

Ashlee Clark Thompson (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年01月24日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HiMirror Mini

 HiMirror Miniは、CESに展示されたスマートミラーのなかで、遠からず市販される数少ない製品の1つだ。米国では2018年夏、249ドル(約2万8000円)で発売される予定で、Amazonのデジタル音声アシスタント「Alexa」が搭載される。つまり、Alexa対応のスマートスピーカと同じように、鏡に向かって音声コマンドを使えるということだ。タッチスクリーンになっている鏡面で、ニュースや天気予報などの情報を見ることもできる。

 HiMirror Miniの機能で最も注目すべき点は、カメラと人工知能を内蔵していることだ。肌の状態を分析して、設定したスキンケアの目標を追跡し、使ってみた商品の効果を記録してくれる。

figure_4
提供:Chris Monroe/CNET

Kohlerの「Verdera Voice Lighted Mirror」

 Verdera Voice Lighted Mirrorは、Kohlerによる新しいコネクテッドバスルーム設備シリーズの一角をなす製品だ。同シリーズは、Alexaの音声コマンド、あるいは新しい「KOHLER Konnect」アプリを使ってコントロールできる。その他の特長として、暗い中でもバスルームで動けるようにモーションセンサ付きの夜間ライトを備え、鏡の前に人が立つと照明が明るくなる。Alexa内蔵のVerderaは米国では3月の発売を予定しているが、価格については、まだ発表されていない。Alexaなしの現行モデルは798.7ドル(約8万9000円)から。

figure_5
提供:Tyler Lizenby/CNET

Philipsのバスルームミラー

 PhilipsがCESに出展したコンセプトミラーは、個人の健康管理ハブとして設計されている。将来的には、同社の他のWi-Fi対応製品、例えば体重計や歯ブラシ、シェーバーなどと連動して、ユーザーの健康状態を画面に表示するようになる。

figure_6
提供:Megan Wollerton/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]