logo

インベスターズクラウド「TATERU kit」のモデルルーム公開--賃貸向けスマートハウス

加納恵 (編集部)2018年01月23日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インベスターズクラウドは1月22日、賃貸住宅をIoT化する「TATERU kit」を導入したIoTアパートのモデルルームをオープンした。場所は東京都練馬区。スマートロックやライトの操作を始め、テレビやエアコン、電動カーテンなどIoT機器と連携した各種家電の操作ができる。


「TATERU kit」を導入した賃貸住宅

 TATERU kitは、タブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラ、窓の開閉や揺れを感知してスマートフォンに通知するタグセキュリティ、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラ、4つの方法で解錠できるスマートロック、遠隔操作で電気の調光、調色ができるスマートライトの5つを標準設備としたIoT機器。グループ会社であるロボットホームが「Apartment kit」として開発し、インベスターズクラウドはOEM供給を受け、提供している。


窓の開閉や揺れを感知してスマートフォンに通知するタグセキュリティ

 セントラルコントローラから、IoT機器を一括コントロールできることが特徴で、2017年6月に公開したモデルルームに比べ、加湿器やロボット掃除機といった連携機器が増えたほか、カーテン開閉のスピードアップなど、パフォーマンスが向上している。

 単身向け賃貸アパート向けで、IoT機器による便利で快適な暮らしを提供することにより、入居を促し、空室を避けることが狙い。IoT機器を導入しにくい賃貸向けに、手軽かつ本格的なスマートハウスを提案する。

 専用アプリでは、管理会社とチャットによるやりとりや伝言板などの機能も設け、建物修繕の連絡やゴミの日などのアラートを出すことも可能。賃貸住宅ならではの機能も備えている。


タブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]