logo

スター・マイカとWhatzMoney、住宅ローン借入支援ソリューションで業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スター・マイカは1月16日、WhatzMoneyと業務提携し、リノベーションマンション物件選びと、住宅ローン借入支援ソリューションサービスを提供すると発表した。


 スター・マイカは、中古マンション市場のリーディングカンパニーとしてリノベーションマンションを供給。一方のWhatzMoneyは、住宅ローンの選択を最適化する各種サービスを提供している。

 業務提携によりスター・マイカは、売買仲介専門の子会社スター・マイカ・レジデンスを通じて、リノベーションマンションの購入検討者に対し、収入状況、家族構成等をもとに、全国750金融機関の中から最適な住宅ローンを提案する。

 WhatzMoneyは、同社の住宅ローン提案書作成ツール「CalC(カルク)」を、スター・マイカへ提供し、ツールのユーザビリティ改善を図るとともに、購入検討者に対して金融機関とのやり取り、公的書類の用意等の諸手続きの一部を個別サポートする。

 これらのソリューションサービスを提供することにより、購入検討者は複数の窓口に問い合せることなく、一度の相談で住宅ローンの比較検討が可能となり、住宅を提供する側にとっては、業務効率化や成約率向上が期待できるとしている。


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]