logo

ドコモ、IoT導入検証用のSIMカードを提供開始--プリペイド型で5000円から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月11日、IoTソリューションの導入を検討する企業向けに、最長180日のLTEおよび、3G通信が可能な検証用のSIMカード「docomo IoTスターターSIM」の提供を1月12日に開始すると発表した。

 docomo IoTスターターSIMは、利用できるデータ量に応じて150Mバイトの「PLAN150」(税別5000円)と1Gバイトの「PLAN1000」(税別6000円)の2種類から選べるプリペイド型のデータ通信専用SIMカード。プリペイド型のため、月々の費用やデータ量に応じた追加費用は発生せず、2年契約などの長期契約ではない最長180日の期間で、各種IoTソリューションが検証できるようになる。

 180日の経過後もしくは、データ量の上限到達後は、通常の月次請求プランを契約することで、SIMカードを切り替えることなく機器の利用が継続できるという。

 大規模なシステムの構築前の導入検証や効果測定などに利用でき、またLTEの高速通信に対応していることから、農業分野でのセンサ監視から、工場や防犯分野での映像監視のように大きな容量を必要とするソリューションまで、幅広い用途の検証に利用できるとしている。

 同社では今後も多様なIoTソリューションの提供や保守運用サポート、初期導入に対する支援などを通じて、IoTのさらなる拡大や利用促進に取り組むという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]