logo
CES 2018

CES 2018をにぎわせた個性的なロボットたち--家庭用ロボットも続々 - 12/14

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年01月12日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Indiegogo」での最初のキャンペーンを経て、「Buddy」ロボットの生産の準備が整った。Buddyはユーザーの家庭に溶け込むことを望んでいる。このロボットは、その名前が示唆するとおり友好的に見えるが、Buddyには、見た目以外にもいくつかの特徴がある。Buddyはスマートホームを制御したり、音声コマンドに応答したりできるほか、家庭用防犯デバイスとしての役割も果たし、音楽再生など、さまざまなタスクを実行することも可能だ。米国で2018年に発売予定。
Scroll Right Scroll Left

 「Indiegogo」での最初のキャンペーンを経て、「Buddy」ロボットの生産の準備が整った。Buddyはユーザーの家庭に溶け込むことを望んでいる。このロボットは、その名前が示唆するとおり友好的に見えるが、Buddyには、見た目以外にもいくつかの特徴がある。Buddyはスマートホームを制御したり、音声コマンドに応答したりできるほか、家庭用防犯デバイスとしての役割も果たし、音楽再生など、さまざまなタスクを実行することも可能だ。米国で2018年に発売予定。

提供:Josh Miller

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]