logo

任天堂がコロプラを提訴--「白猫プロジェクト」で特許侵害

山川晶之 (編集部)2018年01月10日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロプラは1月10日、任天堂から一部のゲームアプリについて特許侵害に関する訴訟を提起されたと発表した。


 これは、コロプラが開発・運営するスマートフォンゲームアプリ「白猫プロジェクト」について、任天堂が保有する特許権を侵害しているというもの。コロプラでは、2016年9月に任天堂からの指摘後、1年以上にわたり特許権を侵害しないことを任天堂に説明したものの受け入れられず、訴訟を提起されたとしている。

 なお、アプリのどの部分が抵触しているかについて、コロプラ広報部に確認したものの「係争中の案件のため答えられない」としている。任天堂では、白猫プロジェクトの生産・使用・電気通信回線を通じた提供の差し止め請求を出しているほか、損害賠償として44億円および遅延損害金を提示している。

 コロプラでは、同ゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと説明しており、今回の件がコロプラの業績に与える影響については、現時点では見通しは困難としている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]