logo

「App Store」のホリデーシーズンは絶好調--売り上げ約1000億円

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年01月05日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間1月4日、「App Store」の2017年ホリデーシーズンの売り上げが記録的な数字を達成したことを発表した。同社によると、クリスマスイブからの7日間に世界のApp Storeの顧客は8億9000万ドル(約1000億円)以上を消費したという。

 Appleは、顧客が2018年の元日に3億ドル(約340億円)相当の買い物をしたことも明らかにした。

 12月21には「Pokemon GO」アプリがチャートの1位に返り咲いたという。Pokemon GOはAppleの「ARKit」フレームワークをベースとする拡張現実(AR)ゲーム。同社によると、現在、ARKitを使用したアプリは2000本近くに上るという。ARを活用するアプリで特に人気が高いのは、AmazonやWayfairなどのショッピングアプリ、Snapchatなどのソーシャルメディアアプリ、教育アプリ、ゲームなどだ。

 Appleは、iOSアプリの開発者が2017年に265億ドル(約3兆円)の収入を得たことも明らかにした。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]