logo

「Opera 50」、仮想通貨マイニングスクリプトのブロック機能追加へ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年12月25日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Opera Softwareが「Opera 50 Beta RC」のベータ版をリリースした。主要ブラウザで初めて、仮想通貨マイニングスクリプトをブロックする機能を内蔵する。

 この機能は、増加するブラウザベースの不正な仮想通貨マイニングなどの「cryptojacking」(クリプトジャッキング)から新たに防御する手段を提供する。こうした不正行為の実行者は、ウェブサイトを利用し、許可を得ることなくサイト訪問者のPCのCPU能力を使用する。

 実行者がウェブサイトにJavaScriptのマイニングプログラムを不正に隠す例が増えており、ポップアンダーウィンドウを仕掛けて、被害者がサイトを去った後も隠れてCPUを利用し続ける場合もある。一方で、偽の技術サポート詐欺と組み合わせて、本物ではないセキュリティ警告を発してブラウザをロックする画面に、JavaScriptのマイニングプログラムを組み込む手口もある。

 「CPU使用率が突然100%になる、冷却ファンが理由もなくおかしくなる、バッテリが急激に消耗するといった現象はどれも、他者が個人のコンピュータを利用して仮想通貨のマイニングを行っている兆候かもしれない」(Opera)

Opera
提供:Liam Tung/ZDNet

 Operaの仮想通貨マイニング防御機能は、同ブラウザに内蔵された広告ブロッカーの一部だ。同社は広告ブロッカー内蔵VPNなど、さまざまな機能を通じて差別化を図っている。

 Operaでデスクトップ製品の品質保証を担当するKornelia Mielczarczyk氏は、「『NoCoin』機能をオンに設定すると、仮想通貨マイニングのスクリプトが埋め込まれたページはブロックされる。これは当社が広告をブロックする仕組みと同様のものだ」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]