logo

VAIOと東映ら、映画館でVR鑑賞できる共同事業「VRCC」で合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは12月19日、東映、クラフターとVR(バーチャル・リアリティ)を映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」の開始に合意したと発表した。

 これまでVRはユーザー個々の体験にとどまり、本格的なVR機器も高価なことから一般への普及が遅れていた。同社によると、VRを活用したゲームやアミューズメント施設は人気を集めているが、アミューズメント施設の中でも、映画館施設を用いた多人数同時鑑賞を可能とする本格的VR映画の興行は世界初の試みだという。

 また、VRコンテンツ制作を望むクリエーターや映像プロダクションは多く、新たなコンテンツ制作の機会創出にもつながるとしている。

 同事業でVAIOは、ハードウェアの調達・最適化および、ソフトウェアとネットワークを含むシステムを開発。ワイヤレスで多人数が快適に同時視聴できるVR環境の構築を担当する。

 東映は、快適な空間と音響を有するシネコンにコンテンツを配給し、VRの常識を覆すハイグレードな体験を提供。クラフターは、定評のある3DCGアニメーション制作力で魅力的なコンテンツを制作する。期初コンテンツには、人気IPアニメや人気アーティスト映像などを想定。

 なお、今回合意した3社だけでなく、コンテンツ制作者や公開劇場を広く募るとしており、2018年3月(予定)より試験営業を開始し、成果を見ながら恒常的な興行を目指す。

 試験営業で上映するコンテンツなどの具体的な内容については、2018年2月に改めて発表する予定。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]