logo

TATERU bnb、アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インベスターズクラウドの子会社であるiVacationは12月18日、社名を「株式会社TATERU bnb(タテルビーアンドビー)」に変更し、アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」のサービスを開始した。Google Playからダウンロードができ、iOSアプリは現在開発中としている。


 TATERU bnbアプリは、民泊の運用を希望するユーザーに、オンライン上で民泊に最適な土地情報や建物のマッチング、宿泊マーケットのコンサルティング、IoT民泊運用管理のワンストップサービスを提供する民泊運用プラットフォーム。ユーザーは、TATERU bnbアプリから会員登録をすることで、コンサルタントからチャットで物件の提案を受けたり、IoT民泊運用のメリット、デメリットを確認したりできる。

 TATRU bnbが企画する民泊施設には、IoTで民泊運用のコストを抑え、運用業務の効率化を図る「bnb kit」を標準装備。bnb kitには、4つの方法で解除できる「スマートキー」に加え、宿泊者情報の取得やタブレットでのチェックインが可能な「スマートチェックインパッド」、旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」を備えている。

 宿泊者に無料でレンタルするTRIP PHONEでは、施設周辺のおすすめ飲食店などの紹介や予約、交通機関の案内やタクシーの予約など滞在中の要望を、トリップ・コンシェルジュが24時間、多言語で対応している。


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]