logo

「pixiv」にライブ配信機能--制作の様子を最大4人まで同時配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピクシブは1月4日、同社が運営するイラストコミュニケーションSNS「pixiv」にて、ライブ配信機能の提供を開始した。


 同機能は、pixivユーザーが絵を描いている様子を最大4人までの同時配信が可能。音声配信機能も搭載しており、友人や好きなクリエイター、ファンとコミュニケーションを取りながら絵を描くことができる。また、イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」やペイントツール「SAI」をスクリーンシェアできる機能もあり、他ソフトでもpixivにてライブ配信が可能だ。


 これまで絵を描く行為自体は単独作業であり、完成した絵を披露することが主のコミュニケーションだった。しかし、同機能によって制作過程を共有できることから、クリエイター側は会話をしながら描き、ファン側はクリエイターの作業の様子を見ることで、描くこと自体が主のコミュニケーションになるとしている。

 さらには、ライブ配信によるコンテンツに触れることによって、クリエイターとのコミュニケーションを通じて共感しやすくなり、好きな作品・クリエイターに出会いやすくなることにもつながるとしている。

 同社では12月5日より、pixivの人気クリエイター達が同じテーマでイラストを描く、60分間のドローイング配信イベント「pixiv one」を放送する。構図から作品完成までの様子をMC・実況付きで楽しむことができるという。


「pixiv one」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]