logo

コラビットとターミナルが業務提携--不動産相場の分析ソリューションを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コラビットは12月18日、ターミナルと不動産賃貸マーケットにおける大規模データ分散処理領域で業務提携したと発表した。不動産相場の分析ソリューション「CTScan」のベータ版を公開する。

 ターミナルは、不動産と情報技術の融合を追求する不動産テック企業として2015年7月に設立。おとり広告検知ソリューション「trueper」や、不正注文防止ソリューション「adwhite」を提供している。

 ベータ版として公開したCTScanは、相場調査や家賃査定の効率化を目的とし、地域別ごとの賃料などを、実勢価格で比較できるサービス。ターミナルが保有する大規模な不動産賃貸物件情報と、コラビットの解析アルゴリズム、分析手法により開発された。


画面イメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]