logo

パナソニック「顔認証ゲート」が羽田空港に先行導入--瞬時に判定、万人向け使いやすさ

加納恵 (編集部)2017年12月15日 15時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは12月15日、「顔認証ゲート」を、羽田空港に先行導入したと発表した。日本人向けの帰国手続きに使用されている。


顔認証ゲート

 開発を手掛けたのは、パナソニックの社内分社であるコネクティッドソリューションズ社。羽田空港では、有人による出帰国手続きを実施しているが、訪日外国人旅行客の増加を受け、顔認証システムの導入を検討。今回、日本人の帰国手続きにおいて、顔認証ゲートを3台導入し、日本人の帰国手続きに携わっていたスタッフを外国人向けに振り向けた。

 顔認証ゲートは、カメラを内蔵したハーフミラー、パスポートリーダ、防犯カメラ、進入誘導/禁止サインから構成され、横幅は1450mm。パスポートリーダがパスポートのICチップから顔画像データを読み出し、ハーフミラーの中にあるカメラで撮影した顔画像と照合、OKならばゲート扉が開き、通過可能になるという流れ。

 ハーフミラーの中に複数のカメラを内蔵することで、顔認証にかかる時間の短縮と正確性を確保。経年による顔の変化や化粧、ヒゲなどはほぼ影響を受けないとしており、マスクや帽子の装着時は、外して確認するようなアラートが出る。

 パスポートリーダにも、画像処理により自動開始する新技術を取り入れたほか、読み取り面が左右逆でも認識する両面読み取り方式を採用し、現行パスポートリーダーの課題を解決した。

 パナソニックがこれまで培ってきた画像処理技術と、使いやすさを意識したユーザーインターフェースなどを融合することによって開発。コンパクトに仕上げたほか、全体的に丸みのあるボディデザインを採用しており、「家電のDNAを継承している」(パナソニック コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター システム部 システム2課課長の窪田賢雄氏)という。

 スペース効率を考えたコンパクトボディで、限られたスペースにも多くの台数がおけるように、設計されているとのこと。今回は日本人向けとしているが、外国人向けも想定して開発しており、本人認証を活用できる場として、データセンターなどへのセキュアな場所への活用も考えられるとしている。


パスポートリーダがICチップから顔画像データを読みとる

次にハーフミラーに内蔵されているカメラが顔認証を行う

OKならばゲート扉が開き、通過可能になる

-PR-企画特集