logo

KDDI、災害対応向け「ドローン基地局」の実証実験に成功

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2017年12月14日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとKDDI総合研究所は12月14日、災害時に携帯電話サービスの利用が困難なエリアの一時的な復旧を目的として、小型の携帯電話基地局を搭載した「無人航空機型基地局(ドローン基地局)」を開発し、同日に鹿児島県熊毛郡屋久島町において行った実証実験に成功したと発表した。

 ドローン基地局は、地上に設置された携帯電話基地局と同様、無線設備・モバイルコア設備・位置情報把握設備を備えている。他の基地局や車載型基地局などの電波を増幅するものではなく、独立して通信サービスを提供できるシステムを搭載しているという。


 災害時に陸上や海上からの携帯電話サービスの提供が困難な状況でも、上空から対象エリア内における一時的な携帯電話サービスの提供が期待できるという。加えて、地上に設置する携帯電話基地局システムと連携できない状況でも、同システムの端末の移動管理機能により、携帯電話から発信される電波を補足することで対象エリア内の在圏状況が確認できるため、災害時の救助要請や捜索活動にも効果が期待できるとしている。

 今回の実験は、総務省より技術試験事務「移動型の携帯電話用災害対策無線通信システムに関する調査検討」として2017年7月に受託し、実施したもの。外部通信路がない状態において、「ドローン基地局単独飛行による携帯電話サービスの提供」「端末台数の把握」「情報の一斉配信」や、外部通信路がある状態での被災地エリア外への通信の可否について実験した。

-PR-企画特集