logo

Airbnb、泊まる部屋の事前VRツアーが可能になるかも--宿泊中の設備案内はARで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 空き部屋シェアリング/民泊プラットフォームを運営するAirbnbは、宿泊先となる部屋の情報を提供する「Airbnb」の機能に、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)技術ベースの新サービスを追加したいと発表した。宿泊前の情報提供にVRを、宿泊中の情報提供にARを活用する考え。


泊まる部屋の事前VRツアーが可能になるかも(出典:Airbnb)

 まず、宿泊する部屋をあらかじめVRで見られるようにする。室内のデータを360°全球写真と3Dスキャンで取得しておき、それをVRコンテンツとして提供すれば、ユーザーはその場にいる感覚で部屋を確認できる。ホストとゲストがVRで部屋を仮想的に共有すると、詳しく分かりやすい部屋の紹介が可能になる。部屋の設備やようすを確かめるのに、ウェブで表を調べる必要も、何通もメールをやり取りする必要もない。

 宿泊中は、ARで利便性の向上を図る。例えば、コーヒーカップの置き場所を案内したり、エアコンの使い方を説明したりするのに、スマートフォンなどのAR機能を活用しようというわけだ。

 ただし、これら機能はまだ開発途上にあり、現在は試作してテストを繰り返している段階。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]