logo

「Microsoft Teams」に新たな通話機能

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年12月13日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月12日、「Skype for Business」でのみ利用可能だった高度な通話機能のいくつかを「Microsoft Teams」サービスでもサポートするようになったと発表した。

 Microsoft Tech Communityサイトには以下のように記されている。

 「われわれは今日、Teamsの新たな通話機能をリリースすることで、通話履歴や、保留/再開、スピードダイヤル、転送、自動転送、発信者番号の非通知、内線番号での呼び出し、複数通話、同時呼び出し、ボイスメール、テキスト電話(TTY)のサポートを含む、電話機能一式を備えたサービスを提供する。これらの機能は今から数時間かけてロールアウトしていくため、あなたのテナントのもとにも間もなく届くはずだ」

 管理者はTeamsに発信機能を追加するために「Phone System」を使用する必要がある。Phone Systemは「Office 365 E5」の一部であり、その他のOffice 365プランのユーザーもアドオンとして利用可能だ。その際、ユーザーは「Calling Plan」をサブスクライブできる。

Microsoft Teams
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]